ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMECSRへの取り組みCSRニュース「明日への架け橋プロジェクト2017」を開催しました

ページの本文です。

2017年6月29日 発行

「明日への架け橋プロジェクト2017」を開催しました

6月8日(木曜日)、三菱重工グループの三菱重工印刷紙工機械株式会社(社長:清水 雅巳、本社:広島県三原市)は、三原市立第四中学校の3年生16名を招き、「明日への架け橋プロジェクト2017」として、印刷の歴史から新聞ができるまでを学ぶものづくり学習と工場見学会を開催しました。

本プロジェクトは、学校などで新聞を教材として活用する教育活動「Newspaper in Education(NIE)」と三菱重工印刷紙工機械の「製品・製造・技術」を融合し、かつ地元との「絆」を組み合わせ、子ども達にものづくりの楽しさや魅力を伝える活動で、2013年より毎年実施しています。

始めに当社社員から印刷の歴史や仕組み、新聞配達員の仕事から新聞が刷り上がるまでの工程を説明しました。続いて講師にお招きした新聞記者の方に取材の仕方などのお話を伺い、生徒さんが新聞記者役になって、当社の段ボール機械や輪転機の製作現場で働く社員へのインタビューを行ったり、尾道にある新聞社の印刷工場で新聞が印刷される様子を取材していただきました。この日に取材した内容は、生徒さんたちによって「学級新聞」にまとめられたのち、当社側で印刷の手配をして学校へお届けする予定です。

今回の体験で、毎日読んでいる新聞がどのようにして作られているかを学ぶとともに、自分たちで新聞記事を作成して原稿づくりの楽しさや難しさを実感したことが、生徒の皆さんにとって貴重な経験となれば幸いです。

三菱重工グループは、これからも地域の皆さまとのコミュニケーションを大切にしながら、次世代育成支援活動を推進していきます。

【関連リンク】

写真:三原市立第四中学校の皆さん
三原市立第四中学校の皆さん
写真:新聞記者になって工場を取材
新聞記者になって工場を取材

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る