ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMECSRへの取り組みCSRニュース港区立港南小学校で「みえない力をみてみよう!」をテーマに理科授業を開催しました

ページの本文です。

2017年3月23日 発行

港区立港南小学校で「みえない力をみてみよう!」をテーマに理科授業を開催しました

3月16日(木曜)・17日(金曜)の2日間にわたり、品川本社に近い東京都港区立港南小学校で、3年生約200名を対象に「みえない力をみてみよう」というテーマの理科実験授業を行いました。
この授業は、NPO法人「子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)」にご協力いただき、磁石や静電気にまつわる実験ブースを6つ設け、児童が時間内にブースを回る形式で行ったものです。それぞれのブースでは、磁石の力で動く車を作って実際に走らせたり、砂鉄を使って磁力線を見る実験、さらに小学校の学習指導要領では扱われませんが、みえない力の発展的な内容として、「静電気」の性質にも触れ、静電気の力でねぎやバナナ・水を動かしたり、ストローやつまようじで作ったおもちゃを動かす実験なども行いました。
参加した児童からは、「見えない力で野菜を動かせて、マジックみたいでおもしろかった」「普段できない実験がたくさんできて楽しかった」「知らなかったことをいっぱい学べた」等の感想を頂きました。今回の授業をきっかけに、理科への関心を高めてもらえたらと思います。
三菱重工グループでは、今後も子どもたちの科学技術への関心を育むような理科授業に取り組んでいきます。


多くの児童が積極的に授業に参加してくれました

静電気の実験の様子

磁石の実験の様子

砂鉄を使った実験のブース

【三菱重工グループH29年度理科授業公募】

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る