ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEDiscover MHI三菱重工グラフ特集

ページの本文です。
This Issue
三菱重工グラフ表紙
2015年2月178号
最新号のPDFはこちら
Back Number
バックナンバーはこちら 旧サイトへジャンプします。

特集 世界の空へ、世界の都市で ~“強・優・美”を追求した交通インフラ~ MRJ×交通システム 国産初のジェット旅客機MRJを大空へ! 世界の街にフィットした交通インフラを提供

写真:愛知県・名古屋航空宇宙システム製作所 小牧南工場

愛知県・名古屋航空宇宙システム製作所 小牧南工場

写真:アラブ首長国連邦・ドバイメトロ

アラブ首長国連邦・ドバイメトロ

私たちの日常の「足」として、もはや欠かせない存在である電車や飛行機などの交通・輸送インフラ。暮らしの発展とともにニーズが多様化する中、三菱重工グループはそれに応える製品を生み出してきました。そして今、人々や時代に新たな価値を提供しようとしているのが、国産初のジェット旅客機「MRJ」や都市や郊外を走る「交通システム」。そこには、三菱重工グループの技術力やリーダーシップ、顧客や乗客、環境への配慮、ものづくりへの情熱が息づいています。

英知を結集し、“夢”をカタチに MRJが世界の空の旅を変える

2014年10月18日、満を持してロールアウトを迎えた日本初の国産ジェット旅客機、「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」。時代が求める優れた環境性能や、運航経済性、客室快適性を備えた地域間輸送用ジェット旅客機に、多くの関心が寄せられています。

新たな時代の幕開けとなる次世代ジェット旅客機の誕生

国産初のジェット旅客機MRJの誕生。それは、航空業界だけでなく、多くの人々が待ち望んだ瞬間でした。世界中で日本製品の優秀性が認められている中、旅客機だけは長らく国産がなく、その実現は多くの関係者の悲願でした。三菱航空機が、その夢を事業としてカタチにしたMRJ。YS-11以来、長年にわたり航空機産業を支えてきた三菱重工グループの技術力とリーダーシップの賜物です。その英知の結晶は、長年の経験で培った先進の空力設計技術と、次世代エンジンPurePower® PW1200G(注)などの採用により、従来機と比べ約20パーセント以上の低燃費を実現。これにより、航空会社の収益力向上に寄与するとともに、航路の増加による利便性の向上、また消費燃料の削減による環境負荷の軽減にも寄与します。さらに客室の快適性も徹底的に追求し、広い座席幅や通路幅など、小型機の常識を覆す乗り心地を実現しました。

世界に誇れる“メイド・イン・ジャパン”MRJには、参加企業をとりまとめる統合力と技術力という強さ、乗客や顧客に配慮した優しさ、ものづくりに対する情熱と真摯な姿勢から生まれた機能美が随所にあふれています。

(注)PW1200G:Leading Player参照
写真:YS-11以来、半世紀ぶり!国産旅客機の雄姿
最先端技術とリーダーシップの結晶
写真:MRJの整備の様子

約100万点にもおよぶMRJの部品は、一般的な自動車の約30倍。世界中のパートナー企業をとりまとめるリーダーシップと、長年にわたり培った先進の技術力がMRJを結実させた。

快適な客室、環境にも配慮した機体
写真:MRJ機内イメージ

スリムなシート設計により座席幅にゆとりがあり、荷物の収納力も高く快適な客室。さらに最新の騒音基準、排ガス基準を十分に満たす低燃費性能で、運航経済性にも優れている。

計算しつくされた機能的なフォルム
写真:MRJロールアウト式典の様子

機体形状は端正な日本刀をイメージし、最新の空力設計により外径が小さく効率的な胴体などで空気抵抗を低減。その追求されたカタチは、機能的にも優れた造形美を体現している。

最長3,300キロメートルのフライトに対応
航空ネットワークが充実
空の旅がスムーズに

MRJの飛行距離は最長約3,300キロメートル。東京から上海やグアムまで、北米なら中心のデンバーから北米のほぼ全域に飛行可能。地方空港間をつなぐ直行便での普及が期待される。

図:MRJの飛行距離

世界の街を豊かに快適に グローバル市場へと先導する交通システム

世界の国々で起こっている交通問題。その解決のため、三菱重工はさまざまな都市交通インフラを提供してきました。それをさらに拡充するため、2014年に国内初の総合交通システム検証施設「MIHARA試験センター」が誕生。車両、軌道、信号などを含めた、交通システムの開発が加速しています。

人と環境に優しい都市交通の課題へのソリューション

都市化が進む世界の新興国では今、深刻な交通問題に悩まされています。交通インフラの整備が急務となる中、需要が高まっているのが、環境にも優しい交通システムです。そこで、日本の優れた交通システムをグローバル市場へ送り出すべく、和田沖工場内に「MIHARA試験センター」を開設。国際規格にも対応し、社内外問わず利用可能なこの施設は、日本の交通産業を底上げするキーになると期待されています。また、三菱重工では無人運転でゴムタイヤ走行をする新交通システムを手がけており、路線計画の自由度や低騒音、建設・運営費などコスト面で評価され、各国の都市や空港で採用されています。2014年には高速化し、鉄道に匹敵する速度を実現しました。さらには、最適なソリューションを明らかにするため、交通システム導入後の効果を多面的に評価するシミュレーション技術の開発も進めています。

このように三菱重工が手がける交通システムには、試験センターや自社開発車両などの技術力といった強み、乗客や環境へ配慮した優しさ、先進の設計から生まれた機能美が内在しています。

MIHARA試験センター

2014年10月2日、広島県三原市に開設された施設(三原製作所・和田沖工場)。競争の激しい国際交通市場で勝ち抜く基盤として、日本の交通産業の底上げにも活用。

国際競争力向上のカギ

より安全で、信頼性の高い交通インフラを輸出するため、国内に検証拠点を設けて開発スピードをアップ。

写真:MIHARA試験センター
図:MIHARA試験センター
写真:試験運転の様子

勾配試験にも対応可能

写真:試験運転の様子

新交通システムや鉄道車両の試験線を併せ持つ

みんなが乗りやすいデザイン

すっきりとした車内空間、背中をホールドするシート、揺れにくい台車など、乗り心地を意識した設計。車両の軽量化による運行経済性、環境負荷にも配慮している。

自社開発した新交通システム
ロゴ:Crystal Mover

米国やアジア、中東などに幅広く展開。世界の新交通システム市場でトップを争うポジションを確立している。

写真:Crystal Moverの中の様子 乗り心地に配慮したスタイリッシュなデザイン
写真:Urbanismo-22(高速タイプ)
機能性から生まれた近未来的なデザイン

次世代を予感させる近未来的なフォルム。空気抵抗の少ない前面形状、輸送量の確保など計算された機能美を追求。

写真:Urbanismo-18 ゆりかもめ
写真:Urbanismo-22(通常タイプ) マカオLRT
写真:Crystal Mover マイアミ国際空港

(注)Crystal Moverには都市向けのUrbanismoと空港向けのCrystal Moverの2種類がある。

日本発、三菱重工の技術が世界の交通インフラを変えてゆく

MRJは国内外の航空会社と受注契約を結び、2017年の初号機納入へ向けて準備を進めています。また、交通システムもMIHARA試験センターにおいて、新交通システムの設備増強など開発もさらに進む見込みです。空と陸の交通・輸送インフラ分野において、夢をカタチに変えた技術が今後、世界を舞台に活躍していきます。

写真:アラブ首長国連邦・ドバイメトロ
写真:MRJロールアウト式典の様子
Study Page

人にも環境にも
優しいテクノロジー

持続可能な社会には、利便性はもちろん、環境にも優しい交通インフラが不可欠です。MRJや交通システムには、人と環境に配慮したさまざまな工夫がこめられています。

MRJ(Mitsubishi Regional Jet)

空力設計により効率的な飛行が可能に

巨大な飛行機が、なぜ大空を飛ぶことができるのでしょうか。その秘密は、「揚力」です。揚力とは、気圧の差によって機体を持ち上げる力のこと。飛行機がエンジンの力で前に進むとき、正面から当たった空気は、翼の上下に分かれます。このとき、上側と下側で空気の流れの速さに違いが生じて、気圧の差が生まれます。この圧力差が翼を下から上に持ち上げる力となるのです。

MRJは、先進の空力設計を駆使し、翼や機体全体をデザインしました。空気抵抗を極力抑え、空気の流れを巧みに操る美しい翼を備えていることで、効率的な飛行を可能にしています。

図:飛行機が飛ぶ仕組み
強力パワーなのに低騒音
図:従来機との騒音の比較

(注1)人間の聴感に近い値に補正した音の単位。
(注2)飛行機が離陸に向けて加速を始めた状態。

MRJのもうひとつの特徴が、次世代エンジン「Geared TurbofanTM(GTF)」の採用。通常、エンジンは高速で回転することで出力を高めますが、当然、高出力に伴い騒音も大きくなります。しかし、GTFは内部に組み込まれたギアにより、低速回転・低騒音で高出力を生み出すことができる画期的なエンジンです。騒音の基準のひとつとされる70デシベル(注1)で比較した場合、従来機ならブレーキを解除(注2)してから約9キロメートルまで影響していた騒音も、MRJでは約6キロメートルまでに低減しました。低騒音となったことで、今後ますます厳しくなるであろう、世界の空港周辺の環境基準にも対応が可能になります。都市部に近い空港から飛び立てるようになり、空港への移動時間の短縮など私たちの暮らしにも大きくかかわってくるでしょう。

交通システム
図:三菱重工の交通ソリューション
快適に便利に街をつなぐ最適な交通インフラを創造

新交通システムや鉄道、ETCなど、さまざまな交通インフラを手がける三菱重工。その中で今後、活用が期待されるのが「TOD(注3)シミュレータ」です。これは交通システム導入後の効果を交通量の変化や経済性などの面から評価するもので、三菱重工はその結果に基づき課題を抱える都市への最適なソリューションを提案・提供します。そのソリューションのひとつとして2014年に登場したのが、「高速新交通システム」。最高速度が時速120キロメートルになったことで、都市部の短距離の駅間を結ぶために開発された従来の新交通システムと比べ、郊外まで効率よく乗客を運べるようになりました。郊外と都市部がスムーズにつながることで、より幅広い地域の人々にとって便利に、そして優しい街づくりに貢献していきます。

(注3)Transit Oriented Development
図:交通システムの輸送量と速度
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る