ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

写真:後藤健二

世界中の都市に、安全で快適な車両を

交通・輸送ドメイン 交通システム事業部 製造部 車両工作課 後藤健二

写真:田代試験場

ロケットエンジン性能の最終チェック拠点

田代試験場

写真:伊牟田淳也

エンジンの心臓をつくる

機械・設備システムドメイン 生産総括部 相模原製造部 大型エンジン工作課 伊牟田淳也

写真:エネルギーを有効活用するコージェネレーションシステム

エネルギーを有効活用するコージェネレーションシステム

ハイブリッドコージェネレーションシステム

写真:日本に現存する最も古い石造りドック

日本に現存する最も古い石造りドック

重要文化財 旧横浜船渠第1号・2号ドック

写真:国史跡「和田岬砲台」

国史跡「和田岬砲台」

和田岬砲台

写真:もっとやさしい「家族思い」エアコン

もっとやさしい「家族思い」エアコン

ビーバーエアコン

写真:スタイル一新、使いやすさもさらに進化したニューモデル

スタイル一新、使いやすさもさらに進化したニューモデル

ETC車載器 MOBE-700

写真:三菱空気潤滑システム搭載大型コンテナ船

船の省エネ、エアーカーペット

MALS (Mitsubishi Air Lubrication System)

写真:発電の種類や、世界の資源分布がわかる「環境・エネルギーゾーン」

最先端の科学技術を遊びながら学べるミュージアム

三菱みなとみらい技術館

写真:自ら揺れることで揺れを抑えることから、アクティブ型と呼ばれている。据え付け後は、制振装置を起振機代わりにして建物を揺らし、性能確認試験を行った

上海の超高層ビルを、風の揺れから守っています

中国/アクティブ型制振装置

写真:カリアクラ岬に建設されたウインドファーム。風の強さにもよるが、1日平均約21万kWhもの発電量を見込める。

ブルガリア初、風力発電事業に取組んでいます

ブルガリア/風力発電設備

写真:4基目工事中の発電所を上空から。建設地が非常に硬い岩盤であるため、発破工事を行うなど、基礎工事にもひと苦労だった

鉱山大国チリで、安定した電力供給を支援しています

チリ/火力発電所

写真:加工技術センター(ショールーム)

機械を作るための機械「マザーマシン」の生産拠点

栗東製作所

写真:長崎造船所

造船、機械製造を両輪に業界をリードする生産拠点

長崎造船所

高砂から世界へ。エネルギープラントの生産拠点

高砂製作所

写真:急カーブと急勾配に適した 蒸気機関車第1号

大正9年、自社製第1号の蒸気機関車が発車

一號機物語 鉄道車両

写真:明治20年2月、三菱長崎造船所 (現・当社長崎造船所)で建造された

明治20年、日本初の鉄製ボイラ装備の貨客船が誕生

一號機物語 鉄製貨客船

写真:フォークリフト自社1号機。品揃えの充実を図り、販売開始3年目には生産累計1万台を達成した。

昭和46年、努力を結集した自社1号機が完成

一號機物語 フォークリフト

写真:伏屋敏郎

旅客搭乗橋は“おもてなしの空間”という想いで開発しました

三菱重工交通機器エンジニアリング株式会社 取締役 伏屋敏郎

写真:佐藤雄二

100分の1ミリという精度で数百メートルの船を支える

船舶・海洋事業本部 下関船海工作部 艤装課 機装係 範師 佐藤雄二

写真:上田憲治

人にも環境にも優しい世界をヒートポンプで実現していきます

冷熱事業本部 大型冷凍機部 設計課 課長 工学博士 上田憲治

写真:H-IIAロケット17号機

誰もが宇宙を利用できる未来へ

H-IIAロケット、H-IIBロケット

写真:MRJ

次世代のリージョナルジェット機

MRJ(Mitsubishi Regional Jet)

写真:東京電力(株)殿 川崎火力発電所

世界最高の熱効率を実現

ガスタービンコンバインドサイクル発電プラント