ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME株主・投資家の皆様へよくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問:会社概要について

よくあるご質問:業績・事業戦略について

よくあるご質問:株式・配当金等について

よくあるご質問:単元株式数の変更及び株式の併合について

回答:会社概要について

Q.
会社が設立されたのはいつですか。
A.
1950年(昭和25年)1月11日に設立されました。
Q.
東京証券取引所に上場したのはいつですか。
A.
1950年(昭和25年)5月です。
Q.
公告の方法について教えてください。
A.
当社は電子公告により行います。
電子公告をご覧ください。

ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告をすることができない場合には、日本経済新聞に掲載して行います。

回答:業績・事業戦略について

Q.
業績の推移を見たいのですが。
A.
業績ハイライトをご覧ください。
Q.
決算短信を見たいのですが。
A.
決算短信・決算説明会をご覧ください。
Q.
有価証券報告書を見たいのですが。
A.
有価証券報告書・四半期報告書等をご覧ください。
Q.
アニュアルレポート、統合レポートを見たいのですが。
A.
MHIレポート(アニュアルレポート)をご覧ください。
2014年度(2013年度報告)より、「アニュアルレポート」と「CSRレポート」の情報を一体化した統合レポートとして、「MHIレポート」を発行しています。
Q.
中期経営計画の内容を教えてください。
A.
中期経営計画をご覧ください。
Q.
事業戦略説明会の内容を教えてください。
A.
事業戦略説明会をご覧ください。
Q.
決算発表の予定日を教えてください。
A.
IRカレンダーをご覧ください。
Q.
格付はどうなっていますか。
A.
格付・社債明細をご覧ください。
Q.
株価を教えてください。
A.
株価・チャートをご覧ください。
Q.
その他、業績・事業戦略等に関する問い合わせをしたいのですが。
A.
お問い合わせメールフォームをご利用ください。

回答:株式・配当金等について

Q.
証券コードは何番ですか。
A.
「7011」です。
Q.
発行済株式総数、株主数、大株主等株式の状況はどのようになっていますか。
A.
株主基本情報をご覧ください。
Q.
取引の単位は何株ですか。
A.
1,000株です。
Q.
株主名簿管理人はどこですか。
A.
三菱UFJ信託銀行株式会社です。
Q.
配当金支払いの株主確定日はいつですか。
A.
期末配当金は3月31日、中間配当金は9月30日です。
Q.
株主優待制度はありますか。
A.
現在のところありません。
Q.
配当金の支払状況を知りたいのですが。
A.
株主還元・配当をご覧ください。
Q.
単元未満株式(1,000株未満)を持っているのですが、不足分を買い増しして単元株式にできますか。
A.

御所有の単元未満株式と併せて1単元株式(1,000株)となるように、株主様に当社から不足分の株式を市場価格で御購入(買い増し)いただくことができます。お手続きについては、口座を開設されている口座管理機関(証券会社等)で承ることになっております。なお、特別口座の口座管理機関である三菱UFJ信託銀行で承りますので、下記にお問い合わせください。

特別口座の方はこちらに
(特別口座の口座管理機関連絡先)
〒137-8081 新東京郵便局私書箱29号
三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
電話 0120-232-711(通話料無料)

Q.
単元未満株式(1,000株未満)を処分したいのですがどのようにしたら良いですか。
A.

御所有の単元未満株式を当社が市場価格で買い取らせていただきます。お手続きについては、口座を開設されている口座管理機関(証券会社等)で承ることになっております。なお、特別口座の方は、特別口座の口座管理機関である三菱UFJ信託銀行で承りますので、下記にお問い合わせください。

特別口座の方はこちらに
(特別口座の口座管理機関連絡先)
〒137-8081 新東京郵便局私書箱29号
三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
電話 0120-232-711(通話料無料)
必要書類はこちらからダウンロードが可能です。
必要書類ダウンロードのページ(三菱UFJ信託銀行ウェブサイトへリンク)

Q.
住所を変更(住居表示変更)したのですがどのようにしたら良いですか。
A.

お手続きについては、口座を開設されている口座管理機関(証券会社等)で承ることになっております。なお、特別口座の方は、特別口座の口座管理機関である三菱UFJ信託銀行で承りますので、下記にお問い合わせください。

特別口座の方はこちらに
(特別口座の口座管理機関連絡先)
〒137-8081 新東京郵便局私書箱29号
三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
電話 0120-232-711(通話料無料)
必要書類はこちらからダウンロードが可能です。
必要書類ダウンロードのページ(三菱UFJ信託銀行ウェブサイトへリンク)

Q.
配当金を銀行等の口座振り込みで受け取りたいのですがどのようにしたら良いですか。
A.

お手続きについては、口座を開設されている口座管理機関(証券会社等)で承ることになっております。なお、特別口座の方は、特別口座の口座管理機関である三菱UFJ信託銀行で承りますので、下記にお問い合わせください。

特別口座の方はこちらに
(特別口座の口座管理機関連絡先)
〒137-8081 新東京郵便局私書箱29号
三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
電話 0120-232-711(通話料無料)
必要書類はこちらからダウンロードが可能です。
必要書類ダウンロードのページ(三菱UFJ信託銀行ウェブサイトへリンク)

Q.
株券電子化:株券電子化とは何ですか。
A.
上場会社の株券を廃止し、株券の存在を前提として行われてきた株主権の管理を、証券保管振替機構(ほふり)及び証券会社等の金融機関に開設された口座において電子的に行うことです。詳しくは、株券電子化を御覧ください。
Q.
株券電子化:株券電子化はいつ実施されたのですか。
A.
2009年1月5日に実施されました。詳しくは、株券電子化を御覧ください。
Q.
株券電子化:特別口座から一般口座に振替えたいのですがどのようにしたら良いですか。
A.

証券会社等に口座を開設し、三菱UFJ信託銀行の特別口座から証券会社等の口座へ株式をお振り替えいただく必要がございます(すでに証券会社等に一般口座をお持ちの場合、新たに別の一般口座を開設する必要はございません)。なお、手続については三菱UFJ信託銀行で承ります。

(特別口座の口座管理機関連絡先)
〒137-8081 新東京郵便局私書箱29号
三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
電話 0120-232-711(通話料無料)
必要書類ダウンロードのページ(三菱UFJ信託銀行ウェブサイトへリンク)

Q.
株券電子化:特別口座とは何ですか。
A.
株券電子化実施時点で証券保管振替制度を利用されていない株主の皆様の権利を保全するために当社が三菱UFJ信託銀行(株)に開設する口座です。詳しくは、株券電子化を御覧ください。
Q.
株券電子化:株券は回収されますか。
A.
お手元にお持ちの株券は回収いたしませんので、そのままお手元にお持ちいただいて構いません。ただし、証券保管振替機構(ほふり)に預託された株券は返却いたしません。詳しくは、株券電子化を御覧ください。
Q.
その他、株式・配当金等に関する問い合わせをしたいのですが。
A.
お問い合わせのメールフォームをご利用ください。

回答:単元株式数の変更及び株式の併合について

Q.
単元株式数の変更と株式の併合の目的は何ですか。
A.
全国証券取引所は、投資家をはじめとする市場利用者の利便性の向上等を目的に、「売買単位の集約に向けた行動計画」に基づき、全ての国内上場会社の普通株式の売買単位(単元株式数)を100株に統一する取組みを進めております。当社はこの取組みの趣旨を踏まえ、2017年10月1日をもって、当社の単元株式数を1,000株から100株に変更することといたしました。
一方、当社の単元株式数を1,000株から100株に変更するにあたり、単元株式数の変更後も、当社株式の売買単位あたりの価格の水準を維持し、また各株主様の議決権の数に変更が生じることがないよう、当社株式について10株を1株にする併合を行うことといたしました。
Q.
今後の具体的なスケジュールはどうなりますか。
A.

単元株式数変更及び株式併合に関する主なスケジュール(予定)は以下のとおりです。

2017年5月下旬 取締役会(株主総会招集決議)
2017年6月22日 定時株主総会
2017年9月27日 当社株式の売買単位が100株に変更
2017年10月1日 単元株式数変更及び株式併合の効力発生日
2017年11月上旬 株主様へ株式併合割当通知発送
2017年12月初旬 端数処分代金の支払開始

Q.
株式併合は資産価値や配当に影響を与えないのですか。
A.
株式併合の前後で、会社の資産や資本などに変わりはありませんので、株式市況の動向等の他の要因を別にすれば、理論上は、株主様ご所有の株式の資産価値に変動はありません。株式併合後においては、ご所有の株式数は10分の1になる一方で、1株当たりの純資産額は10倍になるからです。また、当社は、併合前の2017年9月期配当1株当たり6円、併合後の2018年3月期配当1株当たり60円を予定しておりますが、お受取りいただく総額に変更はありません。
Q.
所有株式数と議決権数はどうなりますか。
A.

【所有株式数について】
各株主様の株式併合後の所有株式数は、2017年9月30日の最終の株主名簿に記録された株式数に10分の1を乗じた数(1に満たない端数がある場合には、これを切り捨てます。)となります。
証券会社等に株主様が開設されている口座に記録されている当社株式の数は、2017年10月1日付けで、株式併合後の株式数に変更されます。
なお、株式併合の結果、1に満たない端数が生じた場合には、当社が一括して売却し、その売却代金を端数が生じた株主様に対して、端数の割合に応じて交付いたします。

【議決権数について】
単元株式数が1,000株から100株へ変更となりますが、株式併合によって、各株主様の所有株式数は10分の1になり、各株主様の議決権数は変わりません。
具体的には、単元株式数変更及び株式併合の前後で、所有株式数及び議決権数は以下のとおりとなります。

所有株式数及び議決権数

・例2及び例3では単元未満株式(効力発生後において、例2は20株、例3は55株)がありますので、従前と同様、ご希望により単元未満株式の買取り又は買増し制度がご利用できます。
・例3及び例4において発生する端数株式相当分(例3は0.5株、例4は0.7株)につきましては、当社が一括して売却し、その売却代金を端数が生じた株主様に対して、端数の割合に応じて交付いたします。
・例4においては、株式併合後に所有する株式がなくなりますので、株主としての地位は失われます。なお、株主様が口座を開設されている証券会社が複数にわたる場合は、原則として各証券会社の振替口座簿に記録された当社株式の残高に対して、株式併合の手続きがなされます。詳しくは株主様が口座を開設されている証券会社にお問い合わせください。

Q.
株主は何か手続きをしなければならないのですか。
A.
特段のお手続きの必要はございません。
Q.
1株未満の端数が生じないようにする方法はありますか。
A.
株式併合の効力発生前に、単元未満株式の買増し又は買取りをご請求いただくことにより、1株未満の端数が生じないようにすることも可能です。なお、単元未満株式の買増し又は買取りのお申し出は、株主様が口座を開設されている証券会社において受け付けております。証券会社に口座を開設されていない株主様は、後記株主名簿管理人までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
単元株式数の変更及び株式併合に関してご不明な点は、株主様が口座を開設されている証券会社下記株主名簿管理人までお問い合わせください。

【株主名簿管理人】
〒137-8081
新東京郵便局私書箱29号
三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
0120-232-711(通話料無料)

ページのトップへ戻る