ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME株主・投資家の皆様へ個人投資家の皆様へエネルギー・環境でわかる三菱重工Step3 2012事業計画 ~「事業規模の拡大」と「資本効率及び純利益水準の向上」を目指して~

Step3 2012事業計画 ~「事業規模の拡大」と「資本効率及び純利益水準の向上」を目指して~

  • 「総合力」がキーワード エネルギー・環境でわかる三菱重工
  • ステップ1
  • ステップ2
  • ステップ3
  • ステップ4
  • 基本情報
Step3 2012事業計画 ~「事業規模の拡大」と「資本効率及び純利益水準の向上」を目指して~

2012年4月に発表した「2012事業計画」は、2010年4月から取り組んできた「2010事業計画」に事業環境の変化を加味したローリングプランです。
「事業規模の拡大」と「資本効率及び純利益水準の向上」を目標としており、将来的に事業規模5兆円を目指すための第一歩として位置づけています。

目標達成のための戦略

目標達成のための戦略

目標1 事業規模の拡大

「事業本部の集約・再編(4ドメイン化)による強みとシナジー発揮」、「グローバル展開の加速」の戦略により、2014年度に連結売上高3兆7,000億円を達成し、これをステップに5兆円規模へ更なる展開を図ります。

目標2 資本効率及び純利益水準の向上

「戦略的事業評価によるポートフォリオマネジメント」、「コーポレート改革・効率化(共通資源の最適活用)」の戦略により、2014年度に純利益1,300億円を達成し、それをステップに2,400億円規模への更なる展開を図ります。そのために、戦略的事業評価によるポートフォリオマネジメントを導入します。
また、事業規模拡大と事業リスク対応の資本を増強し、大規模なM&Aや投資を行うことによって、グローバル成長を維持し得る5兆円規模の高収益企業を目指します。

5つの戦略

戦略1 事業本部の集約・再編(4ドメイン化)による強みとシナジー発揮

当社事業の強みとシナジーを最大限発揮するため、従来の8つの事業本部から、顧客・市場や事業特性の共通性を重視した4つの事業領域(ドメイン)に再編し、より積極的な事業展開を図ります。

  • 「エネルギー・環境」・・・火力、原子力、再生可能エネルギーなどの発電事業や環境・化学プラント事業を含み、2012年に発足したエンジニアリング本部を有する社内EPC事業を統合するドメイン
  • 「機械・設備システム」・・・製鉄機械、コンプレッサ、ターボチャージャ、工作機械等の産業の基盤となる鉄鋼業や自動車産業に納入している製品事業を統合するドメイン
  • 「交通・輸送」・・・「民間航空機」「商船」「交通システム」等の陸・海・空の交通・輸送事業を統合するドメイン
  • 「防衛・宇宙」・・・防衛航空機、艦艇、特殊車両や宇宙機器等の陸・海・空の防衛事業と宇宙事業を統合するドメイン

戦略2 グローバル展開の加速

成長が期待できるアジア地区と北米地区を重点地域として設定し、営業体制の強化や現地有力企業との連携・交流強化により競争力強化を図ることで、2014年度の海外売上高を2011年度の1兆1,800億円から8,900億円増加した2兆700億円にする計画です。

また、海外事業の拡大に伴い、海外調達やM&A、アライアンスの拡大、海外生産拠点の強化を図ります。

戦略3 戦略的事業評価によるポートフォリオマネジメント

グローバル市場における安定成長のため、事業上のリスクをコントロールする一方で、リスクに対応できるだけの財務力を保持することが重要です。
事業リスクの定量的な評価と係数に基づく財務評価を組み合せ、多角的視点から事業経営を見るための全社共通の仕組みを作り、経営リソースを最大限効率的に事業に投下していくため、戦略的事業評価を導入します。

戦略的事業評価に基づく当社のポートフォリオマネジメントの基本的な考え方は、64の戦略的事業ユニット(SBU:Strategic Business Unit)毎に評価を行い、事業ポジション別に要求リターン(SAV:Strategic Added Value)と投下資本の割り付けをコントロールすることで、資本効率および純利益水準の向上を図ります。

戦略4 コーポレート改革・効率化(共通資源の最適活用)

共通資源・共通経営リソースの最適活用の観点から、(1)コーポレート組織・機能の高度化・効率化、(2)グループ会社再編によるコーポレート機能の集約、(3)グローバル資金管理による資金調達コストの削減を目的とした金融子会社の設立、(4)遊休資産の有効活用を目的としたアセットマネジメント会社の設立などの4点に取り組みます。

戦略5 企業統治・業務執行における経営革新の継続

取締役会と監査役会の監督・監査機能を強化すると共に、コーポレート部門、事業本部の事業活動におけるリスクマネジメントの強化を図り、経営戦略と連動したCSR活動を推進します。

経営数値目標

  2012事業計画
  2012年度見通し 2014年度目標
受注
(海外比率)
31,500億円
(58%)
40,000億円
(64%)
売上 30,000億円 37,000億円
営業利益
(経常利益)
1,450億円
(1,200億円)
2,500億円
(2,100億円)
純利益 700億円 1,300億円
ROE 5.2% 8.9%
ROIC 3.4% 6.5%
D/Eレシオ 0.8倍 0.7倍
有利子負債 11,000億円 10,000億円
配当(一株当たり) 6円 10円

目指す姿

目指す姿
ページのトップへ戻る