ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOMEニュースリリース2007年度

ニュースリリース 2007年度

年度別一覧

2007年度版 ニュースリリース

1月-3月

2008年3月31日
国際原子力エネルギー・パートナーシップ(GNEP)計画、継続受注
2008年3月31日
小型ターボチャージャー、2011年度までに年間690万台体制へ
日・欧・アジア3極のグローバルな顧客即応体制を確立
2008年3月28日
MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の事業化を決定
事業会社「三菱航空機株式会社」を立ち上げ
2008年3月28日
人 事 異 動
2008年3月28日
技監6名を新たに認定
2008年3月26日
新キャタピラー三菱の出資比率を見直し
米国キャタピラー社と合意
2008年3月24日
2008年度末までに年間20万台の生産体制を構築
小型ディーゼルエンジン、一層のシェア拡大を目指す
2008年3月19日
人事異動
2008年3月18日
枚葉印刷機DIAMONDシリーズの新モデル3機種を投入
drupa2008で実演展示
2008年3月17日
170万kW級原子力発電設備 三菱EU-APWRを欧州市場に投入
2008年3月6日
機構改革および人事異動
2008年3月6日
世界で初めてバリアフリーの旅客搭乗橋(PBB)を開発
トンネル通路内の段差を解消
2008年3月3日
US-APWR原子力発電設備米国原子力規制委員会が標準設計認証(DC)審査を開始
2008年2月20日
国内最大の1,200トン ゴライアスクレーンを本格稼動
香焼工場の競争力強化が狙い
2008年2月15日
製紙機械事業をメッツォグループに譲渡
経営資源の集中をはかる
2008年2月14日
長時間稼動と大幅な省エネを実現したバッテリー式フォークリフト
荷役性能1.0~3.5トンの4輪タイプ「ELDiA(エルディア)」9機種を発売
2008年2月14日
MRJ(Mitsubishi Regional Jet) 主要システムのパートナーを決定
プロジェクト実現に向けた重要なステップ
2008年2月12日
国際的な航空業界団体 ERA、RAA、IATAに加入
MRJ事業化に向け必要と判断
2008年2月6日
人事異動
2008年2月6日
廃棄物処理装置事業およびガスホルダー、ビールタンク事業を移管
それぞれ当社100%出資のグループ会社へ
2008年2月5日
石橋製作所と合弁で、風車用増速機の製造・販売会社を設立
2010年から生産を開始する計画
2008年2月4日
天然ガス焚きGTCC 3系列をフルターンキー契約で受注
オランダのNUON社から
2008年1月31日
中国海陽原子力発電所1、2号機向けタービン発電設備を受注
北京の釣魚台国賓館で契約調印
2008年1月31日
人事異動
2008年1月30日
インド三菱重工業を3拠点体制へ
社会インフラ関連の大型商談急増などに対応
2008年1月30日
「環境・エネルギーゾーン」と「くらしの発見ゾーン」をオープン
三菱みなとみらい技術館
2008年1月29日
役 員 人 事 の 件
2008年1月28日
機構改革および人事異動
2008年1月23日
ボーイング777フレイター向け後部胴体パネルの初号機を出荷
23日に完成出荷式を開催
2008年1月22日
がんの最新鋭治療装置の本格製造・販売事業を開始
厚生労働省の製造販売承認を受けて
2008年1月18日
人事異動
2008年1月17日
「Best Innovation 2007」
世界最高レベルの効率を達成したM701G2ガスタービンなど12件を選定
2008年1月16日
M501G型ガスタービン6基と長期メンテナンス契約を受注
米国の電力会社ジョージア・パワー社から
2008年1月7日
US-APWR原子力発電設備
米国原子力規制委員会に型式認証(DC)を申請
2008年1月7日
2008年 佃社長 年頭挨拶 (要旨)

10月-12月

2007年12月28日
役員人事等の件
2007年12月27日
フォークリフトの国内販売価格改定のお知らせ
2007年12月25日
新造船年間竣工量および進水量集計表
2007年12月20日
バーレーンの石油化学会社にCO2回収技術を供与
回収能力は世界最大級の450トン/日
2007年12月18日
多様な生活シーンに合った最適空調を実現
省エネと快適性アップを両立した
ビーバーエアコン「NEW SJシリーズ」7機種と「NEW ZJシリーズ」6機種を発売
2007年11月29日
次世代育成・両立支援関連の諸制度を拡充
「キャリア・リターン制度」や「各種支援金」を新たに導入
2007年11月28日
機構改革および人事異動
2007年11月27日
ベトナムに民間航空機生産会社を設立
国内は高付加価値事業へシフト
2007年11月21日
三菱重工業は米国エネルギー省(DOE)と原子力GNEP計画の契約を締結
2007年11月20日
世界最大級の4,000冷凍トン高効率電動ターボ冷凍機を受注
みなとみらい21地区の地域冷暖房供給を支える
2007年11月19日
チリ向け石炭焚き発電設備をフルターンキー契約で受注
グアコルダ社から4基目
2007年11月14日
“見あげてみよう みんなの空 -天気がわかると地球がみえる!-”
三菱みなとみらい技術館、20日(火)から特別展を開催
2007年11月7日
ブラジル電力公社向け上部原子炉容器を受注
初のブラジル向け原子力設備輸出
2007年11月6日
インドに蒸気タービン・発電機の製造・販売会社を設立
超臨界圧ボイラーに続き、L&Tと合弁で
2007年10月31日
ターボ分子ポンプ事業を島津製作所へ譲渡経営資源の集中をはかる
2007年10月29日
三菱重工が舶用低速ディーゼルエンジンをディーゼルユナイテッドに製造委託
~業務提携後、初の製造委託が実現~
2007年10月26日
機構改革および人事異動
2007年10月25日
アルミ高速船事業の基盤を強化
下関造船所 大型アルミ高速船を対象とした新工場 完成
2007年10月23日
通算100基目となる原子力発電用蒸気発生器を納入
北海道電力(株)泊発電所3号機向け
2007年10月23日
スクロールコンプレッサー搭載のメインエンジン駆動式
陸上輸送用冷凍ユニット 新シリーズを投入
2007年10月18日
英国・ロンドンに欧州原動機新会社を設立
急拡大するEU市場の原動機需要に対応
2007年10月10日
機構改革および人事異動
2007年10月9日
MRJ(Mitsubishi Regional Jet)正式客先提案(ATO)を決定し、販売活動を開始
2007年10月4日
130kW未満の小型ディーゼルエンジン全機種を環境対応型へモデルチェンジ
米国環境保護庁(EPA)排ガス規制に対応
2007年10月2日
クリーン開発メカニズム(CDM)を活用した排出権獲得
中国内陸部の4万5,000kW風力発電プロジェクト
2007年10月1日
常温ウェーハ接合装置
工作機械事業部で本格生産体制整う

7月-9月

2007年9月28日
機構改革および人事異動
2007年9月28日
中国三門原子力発電所2基向けタービン発電設備を受注
北京の人民大会堂で契約調印
2007年9月27日
ガスタービン・蒸気タービン事業で協業
ロシアのレノヴァグループおよびその傘下のウラルタービンと
2007年9月18日
シンガポール向け大型ポリエチレンプラントを受注
エクソンモービル・ケミカル社向け
2007年9月14日
エジプトの西部デルタ発電会社、中部デルタ発電会社からM701Fガスタービン計4基を受注
シディクリル、エルアトフ両GTCC発電所向け
2007年9月10日
人事異動
2007年9月7日
3D映像の新作『進め!ナノテク医療隊:Dr.ミライ&ロボ!』
15日から技術館内の3Dシアターで放映開始
2007年9月5日
橋梁分野で事業提携
2007年9月4日
ビル空調用 高性能インバーターマルチエアコンを投入
業界最高水準のコンパクト設計
2007年9月3日
第3世代原子炉のための新会社ATMEAをフランスに設立
三菱重工とAREVAの合弁で
2007年8月28日
ケニア向け地熱発電プラントを受注
クリーン開発メカニズム(CDM)適用案件となる見通し
2007年8月23日
店舗・オフィス用 高性能インバーターエアコンをフルモデルチェンジ
業界最高水準の小型化・高効率化を実現
2007年8月22日
アンテナ車外設置タイプのETC車載器「MOBE-401」を発売
業界唯一、熱線反射ガラス搭載車両へ対応
2007年8月20日
新型スチームファン蒸発式加湿器を発売
業界初の“スイッチONタイマー”機能を搭載(SHE120DD-W)
2007年8月9日
歯車切削用工具専業のインド現地法人MHI-IPTに新工場完成
生産能力は現状の2倍に増強 2008年度シェア50%目指す
2007年8月8日
面取装置付ドライカットホブ盤GE15Aを発売
狭間口シェービング盤FEN30Aも投入 ともに加工ラインの大幅な短縮を実現
2007年8月7日
高炉ガス焚きガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備を受注
ハンガリーから初めて
2007年7月31日
株式報酬型ストックオプション発行に関するお知らせ
2007年7月31日
米国の国際原子力エネルギー・パートナーシップ(GNEP)計画に
当社提案が選定される
2007年7月30日
エジプトのカイロ発電会社から蒸気タービン発電設備を受注
カイロ・ウエスト天然ガス/重油焚き火力発電所向け
2007年7月30日
機構改革および人事異動
2007年7月27日
ボディ全体が抗菌仕様となった「新型nanomist(ナノミスト)」発売
世界唯一 ナノテクを駆使した“セレブな加湿器”
2007年7月26日
インドに小型ディーゼルエンジンの製造・販売会社を設立
現地のVTTL社と合弁で
2007年7月25日
完全ドライカットホブ盤GEシリーズにワーク直径60mmのGE06Aを追加
小型ピニオンギヤ加工などに威力を発揮
2007年7月24日
インドネシア国営電力会社から老朽火力発電所の再生プロジェクトを受注
天然ガス焚きGTCC発電設備として再生
2007年7月20日
枚葉印刷機の新鋭機「DIAMOND300」を投入
7年ぶりのフルモデルチェンジ機、生産性と操作性を大幅に向上
2007年7月18日
MVRシリーズの最上位機種「MVR45」を投入
液晶、太陽電池など半導体関連分野の大物部品や大型製缶構造物の加工に威力
2007年7月12日
陸上輸送用冷凍ユニットの生産累計20万台を達成
軽車両から大型トレーラー用までのフルライン化を実現
2007年7月10日
三菱重工とAREVAは新型炉開発に関する合弁会社設立に向け覚書に署名
2007年7月10日
人事異動
2007年7月9日
CSR行動指針を制定
地球との絆、社会との絆、次世代への架け橋をキーワードに

4月-6月

2007年6月29日
三菱みなとみらい技術館「夏休みこども科学フェスティバル」開催
“深海・宇宙”探索から“はこアニメ”づくりまで、ワクワク企画が盛りだくさん
2007年6月27日
『2007 CSRレポート(社会・環境報告書)』を発行
“ものづくりの誇りと責任”に焦点
2007年6月25日
機構改革および人事異動
2007年6月25日
高速増殖炉(FBR)開発のための新会社を設立
三菱FBRシステムズ株式会社
2007年6月22日
米国の国際原子力エネルギー・パートナーシップ(GNEP)計画に提案
フランスのAREVA社と共同で
2007年6月20日
原子力輸出部を設立
興隆する原子力発電市場への戦略的取り組みを加速
2007年6月19日
MRJモックアップのパリ国際航空ショー出展を記念し
18日、駐仏日本大使公邸でレセプションを開催
2007年6月14日
コミュニケーションロボットwakamaruのレンタルを開始
企業の受付・案内や各種イベントでの活用
2007年6月11日
パリ国際航空ショーにMRJの客室モックアップを出展
最高レベルの経済性と快適性を兼ね備えた次世代のリージョナルジェット機
2007年5月31日
火力発電所用各種ポンプの技術を供与
インド最大手の重電機メーカー BHEL社へ
2007年5月30日
米国向け大型風力発電設備を大量受注
受注規模は国内の総風力発電設備容量に匹敵
2007年5月29日
大型ガスタービンの製造・販売ライセンスを供与
韓国の重工業最大手、斗山重工業へ
2007年5月28日
寧夏発電集団の傘下企業へ1,000kW風車の技術を供与
中国の風力発電機市場へ参入
2007年5月24日
資本関係の強化および業務提携に関するお知らせ
2007年5月23日
人事異動
2007年5月21日
ターボ分子ポンプ事業の譲渡を検討
島津製作所と基本合意
2007年5月21日
スペイン向け大型排煙脱硫装置を受注
新EU排ガス規制に対応
2007年5月16日
太陽光発電設備を全事業所へ導入
2007年度末までに
2007年5月15日
フォークリフト海外事業会社MCF3社が設立15周年を迎える
2007年5月14日
人事異動
2007年5月14日
高砂製作所の生産体制を強化
原子力タービンとG形ガスタービンを増産
2007年5月13日
米国ボーイング社787向け複合材主翼の初号機を出荷
2007年4月27日
株式報酬型ストックオプション(新株予約権)に関するお知らせ
2007年4月26日
シンガポール ERPシステム用の新型車載器70万台を受注
陸上交通庁(LTA)と7年間の供給契約を締結
2007年4月25日
韓国のハイニックス半導体から高効率ターボ冷凍機9台を受注
同社向け累計19台
2007年4月24日
アリアンスペース社と共同で衛星打上げ輸送サービスを提案
“バックアップ”アライアンスをさらに発展
2007年4月19日
アンテナ分離型ETC車載器「MOBE-400」にカラーバリエーションを追加
多様なニーズに対応
2007年4月18日
高速増殖炉(FBR)開発の中核企業に決定
FBR事業を積極的に推進
2007年4月17日
インドに超臨界圧ボイラーの製造・販売会社を設立
建設・エンジニアリング大手、L&Tと合弁で
2007年4月13日
韓国向けガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備を連続受注
韓国西部発電と韓国地域暖房公社から
2007年4月11日
三菱重工、AREVAは協調の早期前進を確認
新規開発炉の設計進捗
2007年4月10日
風力発電設備の生産能力を現状の3倍に増強
年間約120万kW生産体制へ
2007年4月6日
有機EL照明実用化に道を拓く
材料利用効率を飛躍的に向上させた成膜装置を開発
2007年4月5日
豪州タスマニア向けGTCC発電設備を受注
同国向けガスタービン発電設備6基目
2007年4月4日
エンジンバルブの生産ラインを一新
サイクルタイムを半減し、コスト競争力強化を目指す
2007年4月2日
平成19年度の入社式
佃 社長 新入社員に激励のことばを贈る
ページのトップへ戻る