ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME当社ターボチャージャー・エンジン欧州拠点の商号を変更

ページの本文です。
Press Information

2013年4月11日 発行 第 5344号

当社ターボチャージャー・エンジン欧州拠点の商号を変更
新商号は「Mitsubishi Turbocharger and Engine Europe B.V.」

 三菱重工業は、ターボチャージャーとエンジン事業の欧州拠点であるMHI Equipment Europe B.V.(本社:オランダ アルメア市)の商号を「Mitsubishi Turbocharger and Engine Europe B.V.」に変更しました。これを機に、需要が堅調な欧州市場のみならず、アフリカをはじめとする新興国市場での事業拡大を加速していきます。

【Mitsubishi Turbocharger and Engine Europe B.V.】
【Mitsubishi Turbocharger and Engine Europe B.V.】

 Mitsubishi Turbocharger and Engine Europe B.V.は、当社100%出資の現地法人で、引き続き、ターボチャージャーの設計・製造・販売・サービスと発電用・舶用・産業車両用などのエンジンの製造・販売・艤装・据付・サービスを手掛けます。従業員数は約770人。

 同社は当初、ターボチャージャー、発電用・舶用・産業車両用などのディーゼルおよびガスエンジンの販売・サービス拠点としてスタートしました。

 このうち、ターボチャージャー事業については、1991年以降、生産設備を導入・増強するとともに、現地調達の拡大や設計機能の取り込みを行うことで事業は急速に拡大。現在では製造・販売数量で国内の主力拠点である相模原工場を凌ぐまでに成長し、欧州市場で確たるプレゼンスを得るに至っています。今後も同市場では、環境規制対応のため更なる需要拡大が見込まれ、また、修理・交換などのサービス需要も高まっていることから、それらに対応する事業展開を進めています。

 エンジン事業についても、販売・サービスを通じて欧州市場で信頼を得るとともに、2004年にフランス アルザス市に同社グループとなる製造会社MHI Equipment Alsace S.A.S.を設立し、ワルチラ フランス社(Wärtsilä France S.A.S.)のエンジン工場の主要設備を買い取って、当社の技術指導と品質管理のもとにエンジンを生産し、高い評価を獲得しています。また、従来のエンジン単体の販売から付加価値の高いディーゼルおよびガスエンジン式発電セットの販売に事業の重点を移し、欧州市場に加え、アフリカなどの新興国市場の開拓も推進しています。

 当社はターボチャージャー、エンジンともに世界最適の生産・調達体制を構築しつつあります。ターボチャージャーについては、日・欧(オランダ)・アジア(タイ、中国)の3極に、2014年には米国の生産拠点も加わる計画で、一段とフレキシブルな生産融通体制を確立します。また、エンジンは、日・欧(フランス)・アジア(インド、中国)の3極をフルに機能させることで、さらにグローバルに顧客の要望に即応できる体制の構築を推進していきます。

 Mitsubishi Turbocharger and Engine Europe B.V.は、これらグローバル最適生産・調達体制の一翼を担いつつ、更なる事業拡大を推し進めていきます。

 
【自動車用ターボチャージャー】

 

製品ページ

 

担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る