ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEORCシステム初号機、マースクライン船で運転を開始

ページの本文です。
Press Information

2016年4月13日 発行 第 5744号

ORCシステム初号機、マースクライン船で運転を開始

 三菱重工グループの三菱重工舶用機械エンジン株式会社(社長:相馬和夫、本社:長崎市)が新たに開発した「HydrocurrentTM Organic Rankine Cycle(ORC)Module 125EJW」※の初号機が、世界最大のコンテナ船団を擁するデンマークの海運会社マースクライン(Maersk Line)の船舶に搭載され、運転を開始しました。

 ORCは、低温熱源を極限まで有効に回収・活用して電力を発生させる独自の高効率舶用システムです。具体的には、主機エンジンのジャケット冷却水(約85℃)の排熱を発電に利用します。一方、船内に搭載された発電機エンジンの負荷を下げることで、船舶から排出されるCO2を削減して、船舶全体の効率を改善します。

 今回のORCの出力は125kWで、マースクラインのArnold Maerskに搭載されています。ORCは、この搭載に先立ち、すでに三菱重工舶用機械エンジンの提携先であるカルネティックス・テクノロジーズ(Calnetix Technologies)の工場でパイロット機の性能試験を完了しており、2015年には一般財団法人 日本海事協会およびロイド船級協会の承認を取得しています。

 マースクラインは、デンマークの首都コペンハーゲンに本拠を置く世界最大級の海運コングロマリット A.P.モラー・マースク(A.P. Moller Maersk A/S)傘下の海運企業です。同グループは世界各地に拠点を持ち、海運のほか、石油・ガス採掘などの事業も手掛けています。

 三菱重工舶用機械エンジンは、ORCのほか、2ストローク低速エンジン、過給機、プロペラ、舶用ボイラー/タービン、デッキクレーン、甲板機械、フィンスタビライザー、舵取機など、世界でも類を見ないほどの幅広い舶用機械・エンジンのラインアップを有して、世界の市場で高い信頼を獲得しています。

 三菱重工舶用機械エンジンは今後も、船舶のエネルギー効率を高める多様かつ独創的な省エネ・新環境ソリューションを提案し、資源の有効利用と環境負荷の低減に貢献していきます。

※ “Hydrocurrent”はカルネティックス・テクノロジーズのトレードマークです。

担当窓口:三菱重工舶用機械エンジン株式会社

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る