ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME大型トラック用全電動式陸上輸送用冷凍ユニット「TEJ100AM」を発売

ページの本文です。
Press Information

2016年7月5日 発行 第 5771号

大型トラック用全電動式陸上輸送用冷凍ユニット「TEJ100AM」を発売
独自インバータ技術などにより安定した温度管理と省エネを実現

 三菱重工業は、ハイブリッドトラック等の架装機器への電力供給機能を持つ大型トラックに対応した全電動式冷凍ユニットの新モデル「TEJ100AM」を開発、当社100%出資による陸上輸送用冷凍ユニット(以下、陸レフ)国内総販売会社である菱重コールドチェーン株式会社(RCC、社長:安藤 憲生、本社:東京都千代田区)を通じて販売を開始しました。車速に影響されず安定した冷凍能力を発揮するとともに、信頼性が高く運用コストが削減でき、環境負荷低減にもつながります。

日野自動車株式会社との共同開発で<br/>「日野プロフィア電動冷凍車」<br/>に搭載されたTEJ100AM
日野自動車株式会社との共同開発で
「日野プロフィア電動冷凍車」
に搭載されたTEJ100AM

 TEJ100AMは、冷凍食品やアイスクリームの輸送も可能なクラス最大級の冷凍能力を有し、電源側からの消費電力制限要求に応じて運転電力を制御するデマンド機能の搭載により、幅広い給電機能付トラックとの組み合わせが可能です。コンプレッサには当社独自の軸方向圧縮機構をもつ3Dスクロール密閉インバータコンプレッサを採用し、1台のコンプレッサと2台のエバポレータ(吸熱用熱交換器)を接続する1COMP 2WAYマルチ回路により、運転条件を選ばず常に最大限の性能を発揮できます。また、冷媒には業界に先駆けて地球温暖化係数が低いR410Aを採用しています。

 電動式の場合、トラックのメインエンジンで駆動する直結タイプのようにエンジン回転数に冷凍能力が左右されることがなく、設定温度まで急速に温度を下げなければならないプルダウン時でも、庫内温度維持時にも、その状況に応じて最適な冷凍能力を引き出せます。長寿命コンプレッサその他の機器を、すべてひとつの筐体中に収容しているため取り付けやすく、コンプレッサ駆動ベルト、冷媒ホース、冷媒追加チャージなどが不要となり、メンテナンスコスト低減にもつながります。

 同モデルには、独自インバータ制御機能や、冷媒流量を細かく制御できる電子膨張弁、ガスインジェクション付コンプレッサにより冷凍能力と運転効率を向上させるエコノマイザサイクルなどを採用。当社が業務用空調機器分野で培ってきた幅広い技術を活用することにより、安定的温度管理と省エネ性能を追求しました。

 当社は今後も、冷凍トラックの省エネ・環境性能向上につながる陸レフの開発・投入に力を注ぎ、低温物流市場をさらに深耕することで、低炭素社会づくりに貢献していきます。

担当窓口:機械・設備システムドメイン 冷熱事業部
担当窓口:菱重コールドチェーン株式会社

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る