ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME三菱みなとみらい技術館、2016年度の年間入館者が17万人を突破

ページの本文です。
Press Information

2017年4月26日 発行 第 5855号

三菱みなとみらい技術館、2016年度の年間入館者が17万人を突破
「いつ来ても体感イベントに参加できる、いつ来ても楽しい技術館」を実現

 三菱重工業が運営する三菱みなとみらい技術館(横浜市西区、館長 能宗 俊起)は、2016年度(2016年4月~2017年3月末)の入館者が累計170,253人となり、単年度で初めて17万人を達成しました。「いつ来ても体感イベントに参加できる、いつ来ても楽しい技術館」を実現するためにイベント開催数を大幅に増やしたことなどが、休日の活況やリピーターの増加につながったものです。これを弾みに今後は、未就学児童向けの平日のイベントや、子どもから大人まで楽しめる理科実験のバリエーションを拡充して、入館者のすそ野を広げていきます。

チャーリー西村氏による巨大空気砲
チャーリー西村氏による巨大空気砲

 2016年度は約2,000回の体験イベントを開催しました。サイエンスプロデューサーの米村でんじろう氏が代表を務める科学イベントプロダクションに所属するチャーリー西村氏を招いて、巨大空気砲や会場全員での静電気体験など不思議な現象を科学的に解説した「サイエンスショー」や、大人向けの専門的なテーマで参加者の知的好奇心を満たす「サイエンスカフェ」など、子どもから大人まで楽しめる体験イベントを充実させたことで、特に休日の入館者増に結び付き、リピーターも前年度に比べ約20%増えています。

 また、未就学児童と保護者がともに楽しめるイベントも積極的に増やしています。3歳から参加できる「キッズ・ラボ」では、初歩的な工作や理科実験などを組み合わせた多数のプログラムを実施しています。平日には週2回科学絵本の読み聞かせなどを行う「アソビバ」も開催。ベビーカーを置くスペースもあり、横浜みなとみらい地区を訪れる際に、子ども連れで気軽に来館してもらえます。

 これからのイベントとしては、ゴールデンウィークを挟んで5月末まで、子どもから大人、高齢の方まで幅広く楽しめる20以上のイベントを計画しています。4月29日(土・祝)から5月31日(水)まで開催する「テクノくんのクイズハンター«7つの扉を開けろ»」は小学校低学年からお勧めのイベント。各展示ゾーンを巡りクイズに挑戦しながらポイントをためて全問正解するとオリジナルグッズをプレゼントします。5月3日(水・祝)開催の「安斎育郎スペシャルショー『超常現象を科学で解明』」では、科学者(立命館大学名誉教授)であり手品にも練達した安斎氏を招き、超常現象といわれる不思議な現象について再現を交えて解明します(詳細は別添のチラシ参照)。

 三菱みなとみらい技術館は1994年6月、地域の人々との交流と科学技術に対する関心を促進することを目的に横浜に開設。三菱重工が手掛ける最先端の科学技術・製品を実物と模型、映像やパネルなどでわかりやすく紹介しています。国産ジェット旅客機MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の機首・前胴部や主翼の一部とエンジンの実物大模型などもあり、最新の科学技術について“ホンモノを見たり触ったりして体感してもらう”というコンセプトが支持され、小さなお子さまから大人まで来館者の幅も広がってきました。今後も展示内容の充実や新しい企画に取り組んでいきます。

▽ 三菱みなとみらい技術館

所在地 〒220−8401 横浜市西区みなとみらい3−3−1 三菱重工横浜ビル
電話 045−200−7351
FAX 045−200−9902
ウェブサイト http://www.mhi.co.jp/museum/
アクセス みなとみらい線・みなとみらい駅より徒歩3分
JR根岸線または横浜市営地下鉄・桜木町駅より徒歩8分
開館時間 10:00AM~5:00PM(ただし入館は4:30PMまで)
休館日 火曜日(ゴールデンウィーク中(5/2)、および夏休み中(8/1、8/15、8/22)は特別開館日あり)
入館料 大人500円、中・高校生300円、小学生200円
65歳以上は無料(要証明書)
団体(20人以上)は各100円引
年間パスポートは大人1,000円、中・高校生700円、小学生500円
小・中・高・高専・大学生の校外学習・修学旅行等での来館は無料(要予約)
担当窓口:三菱みなとみらい技術館

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る