ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEボーイング社とさらなる協業強化で合意 市場競争力の強化に向けて

ページの本文です。
Press Information

2017年10月23日 発行 第 5891号

ボーイング社とさらなる協業強化で合意
市場競争力の強化に向けて

 三菱重工業は、ボーイング社と市場競争力の強化に向けて協業関係を強化していくことで合意しました。今回の合意は、ボーイング社が手掛ける中型ジェット旅客機「787ドリームライナー(Dreamliner)」の生産について、当社が担当する部位の製造プロセスなどにおける長期的なコスト削減活動を通じて市場競争力を強化するとともに、将来民間航空機事業を見据え、先進的な機体構造技術について共同研究を進めていくことにより、両社の関係を一層強固にすることが狙いです。

 ボーイング社のケビン・マカリスター民間航空機部門社長兼CEOは、次のように述べています。「今回の合意は、三菱重工における787ドリームライナーの担当部位を中心に、ボーイングと三菱重工が共同でコスト削減と効率改善を推進することで、協業関係をさらに強化していくものです。サプライヤーとの協業は、ボーイング社が進める計画“Partnering for Success”の要となるもので、これにより競争の激しい今日の市場を勝ち抜き、将来のチャンスを先取りしていきます。」

 また、当社社長の宮永俊一は、次のように述べています。「三菱重工は、今回の合意により、両社の民間航空機事業における市場競争力をさらに向上させることとなり、大変嬉しく思います。ボーイング社とは、737型機、747型機、767型機、777型機、787ドリームライナー、そして最新鋭の777Xを通じ、40年以上にわたるパートナーシップを築いてまいりました。これを機に、更に将来機事業における協力の機会を検討していけることを楽しみにしております。」

 三菱重工は今後、ボーイング社とのさらなる緊密な連携により、コストパフォーマンスの向上を通じて、市場競争力を高めていくとともに、将来民間航空機事業発展の機会に貢献していきます。

担当窓口:航空・防衛・宇宙ドメイン 民間機セグメント 民間機事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る