ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME重要なお知らせ風力発電設備に関する訴訟に係る一部報道について

ページの本文です。

2009年4月16日

三菱重工業株式会社

風力発電設備に関する訴訟に係る一部報道について

風力発電設備に関する訴訟について一部報道がありましたが,当社見解を以下のとおり,お知らせいたします。

当社原動機事業の米国拠点であるMPSA社(注①)(Mitsubishi Power Systems Americas, Inc.)は,2007年度~2008年度に,Babcock & Brown Infrastructure Group US LLC(以下,B&B社)から2.4MW風力発電設備合計574基を受注し,2008年度にB&B社へ118基(注②)納入いたしました(既納入分の代金については全額回収済)が,2009年度以降納入予定の456基分について,納入前にB&B社による契約不履行が発生したため,MPSA社は関連の契約を解約いたしました。更にMPSA社は,2009年4月9日,米国デラウェア州裁判所において,B&B社及び同社親会社等計5社を相手取り,上記解約に伴うキャンセル料等の支払い及びMPSA社の債権保全のため,上記5社間の資産移転の取消し等を求め,訴訟を提起いたしました。
なお,本件による平成21年3月期の売上及び損益(連結,単体とも)への影響はありません。

 

(注)
①当社米国法人の米国三菱重工業株式会社(Mitsubishi Heavy Industries America, Inc.)の100%子会社
②118基については2007年5月30日ニュースリリース済

 備考
(案件概要)
客先:Babcock & Brown Infrustructure Group US LLC
当社契約窓口:MPSA社(Mitsubishi Power Systems Americas, Inc.)
受注機数:574基(2007年度~2008年度受注分)
受注機種:MWT95/2.4(ロータ径95m,出力2.4MW)

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る