ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME人と仕事社員インタビュー早川あかね

三菱重工新卒採用スペシャルサイト

世界を変えるきみはどこにいる

写真:早川あかね

インタビュー

業務システムの開発を通して、自分の世界が広がっていく。

早川あかね

本社 ICTソリューション本部 インフォメーション技術部 ソフトウェア4グループ [2011年入社] 工学部電気情報工学科卒業

多様なメンバーが力を合わせて大きな仕事をする会社

 父が電気系のエンジニアだったこともあり大学では電気工学を専攻し、半導体から発電機まで幅広く学びました。その後、大学院に進まなかったのは、早く社会に出て働きたかったからです。大学生活を通して、人々の生活基盤となるインフラづくりに携わりたいと思うようになり、最終的に選んだのが三菱重工でした。
 面接で話を聞いているうちに、多様なメンバーが集まり、みんなで力を合わせて大きなものをつくっていくという仕事のスタイルを知り、三菱重工に入社したいと思うようになったのです。
 入社後は、ITインフラ企画・運用部門を経て、現在はエネルギー・環境システムドメイン向けの業務システムの開発を担当しています。この仕事が面白いのは、社内のさまざまな業務に詳しくなれるから。例えば、ある部署から「この業務をもっと効率的に行いたい」といった依頼を受けると、業務フローから現在の問題点、今後改善したいところなどを徹底的に聞き出していきます。また、システムのユーザーが近くにいるため、自分たちが構築したシステムに対するフィードバックがすぐに得られます。
 ここで大切なのは、聞き役だけにならずに、こちらからも「こうしたほうが業務がしやすいのではないか」といった提案を積極的にしていくことです。そうすることで潜在的なニーズを掘り起こすことができ、より利便性の高いシステムになっていきます。

長期的な視点で人を育てようとしているのが分かる

 三菱重工で働いていていつも思うのは、人材育成に力を入れている会社だということです。情報システムは重点的に勉強した分野ではありませんでしたが、充実した研修によって、すぐに実務に就けるようになりました。今は自分でプログラミングをするだけでなく、開発作業の発注や設計、進捗管理まで、幅広く担当させてもらっています。
 希望すれば常に教育・研修の機会はありますね。
 海外のプロジェクトに約1カ月間派遣され、さまざまな業務を経験するという貴重な研修機会もありました。私はロシアのタタルスタンで建設中の肥料プラントの事務所に滞在し、工事の進捗管理などを担当しました。
 また、多くの業務がグローバル化していく中で、業務システムも国内外で統一していこうという動きがあります。このため、海外拠点に導入のサポートに行くといった機会も必ずあるはず。そういう意味では、かなり広がりのある仕事だと思っています。

写真:早川あかね

パーソナルデータ

プロフィール

写真:早川あかね

大学時代は軽音楽部でバンドを組みベースを担当。今はアメリカンバイクに乗って休日はツーリング三昧と、いつも何かに夢中になっている。「デスクワークが多いので体を動かしたい」と始めたヨガにもすっかりハマり、スタジオに通うだけでなく自宅でも様々なポーズをとる毎日が続く。

インタビュートップ