ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報研究開発研究所での一日

研究所での一日

研究者Aの一日

機械系 大和 禎 2007年入社 振動研究部 振動第三研究室

研究所での1日を教えてください。

写真:研究所で仕事をしている様子
写真:研究所で仕事をしている様子

振動研究室では、朝出社したらまずはラジオ体操をして、その日に行われる実験工事の作業内容についてのミーティングに全員が参加します。これは、安全に日々の作業を行うために極めて重要です。
メールチェックの後は、それぞれが担当している実験や解析の業務を行います。実験や解析はチームで行うので、作業内容の確認のための打ち合わせや、必要な手配品の購入手続きも日々の業務で行います。もちろん、仕事である以上、期限がありますので、上司や関係者への報告や会議などで忙しく、気が付いたら定時になっていることが多いです。
それでも、昼休みには上司や同僚と雑談したり、和気あいあいと日々を楽しんでいます。

研究者Bの一日

電気系 宮原 弘臣 1998年入社 電気・応用物理研究部 パワーエレクトロニクス研究室

研究所での1日を教えてください。

写真:研究所で仕事をしている様子
写真:研究所で仕事をしている様子

とある水曜日です。

体操
始業のチャイムがなり終わった後、音楽にあわせみんなで体操。体をほぐして、気合を入れる。
朝一の確認
本日の予定の確認、また、メール等での緊急対応案件有無の確認。
研究所テレビ会議
研究所の電気分野のリーダーへの週1回の業務報告会です。問題があれば相談でき、業務を円滑に進められるようアドバイスをいただいています。
試験内容検討
雷の試験の計画。この日は、故障を想定した供試体の選定。製造プロセスを確認し、どういった故障が起こりえるかを検討し、選定完了。
昼休み
食堂で喫食。残りは昼寝。ランニングやサッカーする人もいます。
体操・昼礼
眠気覚ましに体操。昼礼では仕事の進捗状況の報告。問題があれば、その場で議論したりします。
航空局へ出張し、調整
航空局の方と、型式証明文書に関する調整。この日は、ポンプの防爆設計についてご説明。ネジ一本まで説明し、ご理解いただく。
帰宅
この日は17時00分で終了。帰りに寄り道し、行きつけの焼き鳥屋で舌鼓を打つ。リフレッシュし、明日への活力を養い、帰宅。

研究者Cの一日

電気・情報・システム系 西川 尚希 2012年入社 電気・応用物理研究部 パワーエレクトロニクス研究室

ある日のスケジュール

7時30分 出社・メールチェック
通常の始業は8時00分からですが、早朝は集中できる時間なので30分早く出社して、事務的なことを済ませます。
8時00分 蓄電システムによる系統連系安定化のシミュレーション
11時00分 特許調査
国内外の論文や特許の調査も、技術動向の把握には欠かせません。
12時00分 昼食
13時00分 系統安定化制御に関する打ち合わせ
午前中に行った解析の結果について、先輩社員と議論します。
14時00分 シミュレーションモデルの改良
16時00分 グループミーティング
業務の進捗状況を確認し合いながら、チームで仕事を進めていきます。
18時00分 退社
残業がない場合は、定時(17時00分)に帰ります。
帰宅後は、妻とその日の話をしたり、子供と遊んだりして過ごします。
寝る前には論文や文献を読んで、最新の技術動向をチェックします。

研究者Dの一日

機械系 山下 拓馬 2008年入社 機械研究部 機械第三研究室

研究所での1日を教えてください。

ある1日のスケジュールを紹介します。

8時00分 出社
~8時30分 メールチェック・スケジュール確認:設計からのメールの返信や、当日のスケジュールを確認します。
~9時30分 試験打ち合わせ:試験担当者から前日の試験進捗・結果の説明を受け、試験条件やスケジュールを見直したりします。
~12時00分 レポート作成:設計への報告レポートを作成します。上司の承認が得られず、苦労することもあります。
~13時00分 昼休み:ランニング等で運動をしている人が多いです。最近太ってきたので始めようかと考えています。
~14時00分 設計との打ち合わせ:試験や解析結果の報告や、今後の方針について議論します。
~15時00分 試験立会い:実際に製品の音を聞いたりします。実物を体感することは、解析をする上で大変重要です。
~17時00分 試験内容の検討:解析を実施したり、過去のデータを見直したりして、次の試験内容の検討を行います。
~19時00分 研究提案資料作成:内容を精査し、何度も資料を作り変え、提案に繋げます。
19時00分 帰宅

大体、17時00分~19時00分ぐらいに帰宅します。水曜日はノー残業デーなので、17時00分に仕事を切り上げ、同期や試験担当の方と飲みに行ったり、家に帰って娘と遊んだりしてリフレッシュするようにしています。娘が寝た後には、学会誌や論文を読む等の勉強する時間を作って、知識の幅を広げるように努力しています。

研究者Eの一日

材料・化学系 森永 佳奈 2007年入社(2012年再入社) 製造研究部 複合材研究室

日々の会社生活はどんな感じですか?

1日のスケジュール(例)
 朝7時半業務開始。メールチェック後,アメリカのサプライヤ・お客様と電話会議に臨みます。午前中は時差を考えて,アメリカとのやり取りを優先し,午後は社内会議や時間を取ってデータ整理やレポート作成等を行います。18時頃には帰宅し,家事をしています。就業時間は8時~17時が定時ですが,フレックス制度を利用している人も多く,各自家庭の都合を考慮して出社時間を遅らせたり,早めに帰宅したりして遣り繰りしています。

職場の雰囲気
 重工と聞くと堅苦しい印象を受けると思いますが,複合材研究室では女性が2割程度おり,職場の雰囲気は大学の頃とほぼ同じです。また最近はどの部署でも女性が増えてきており,女性だけで一つのプロジェクトを行うこともあります。

ページのトップへ戻る